年齢を重ねた方の骨の健康のために意識して摂取しておきたいカルシウム。普段の食生活で補えない方のためにおすすめのカルシウムサプリメントを紹介しています。吸収率や口コミをもとにランキング形式で紹介しているので、ぜひお役立てください。

カルシウムの基礎知識

カルシウムを上手に摂取しよう!カルシウムを多く含む食品まとめ

更新日:

最近ではカルシウムの不足に悩んでいる方も多いです。

カルシウムは一日に必要な量が定められていますが、毎日継続して摂取できている人は多くありません。

日本の飲み水にはカルシウムが含まれていませんし、カルシウムを多く摂れる魚を食べる機会も少なくなっています。

慢性的な不足に陥っている方も多く、健康被害が懸念されます。

さらに、カルシウムは年をとると、体に吸収しずらくなります。

摂った全てを体に取り込めるわけではないので、効率よく摂る方法を考える必要があります。

では、カルシウムを上手に摂取するには、どうすればよいのでしょうか。

カルシウムは、体内で作ることのできない成分です。

定期的に体の外から取り入れる必要が出てきます。

カルシウムを上手に摂れる食品をいくつか、紹介したいと思いいます。

どうカルシウムをとればよいの? | 公益財団法人 骨粗鬆症財団
http://www.jpof.or.jp/prevention/calcium/

牛乳や乳製品

カルシウムを摂れる代表的な食品といば、牛乳や乳製品です。

カルシウムが多く含まれていますし、調理の手間もなく手軽に摂ることが可能です。

牛乳や乳製品のカルシウムは、体に吸収されやすい特長をもっています。

体に吸収されにくいカルシウムですが、牛乳や乳製品を摂ることで効率的に体に取り込むことが可能です。

毎日摂ることを習慣づければ、必要なカルシウムを補うことができます。

牛乳が体質に合わない場合は、チーズやヨーグルトがお勧めです。

チーズの中でもパルメザンやチェダーはカルシウムが特に豊富なので、積極的に食べましょう。

小魚類

魚類にも、カルシウムは豊富に含まれています。

魚のカルシウムは、主に骨の部分に含まれています。

骨を丸ごと食べられる小魚は、特にカルシウムが多いです。

乾燥した小魚は、保存も効きますし、食べやすいです。

煮干しならばそのまま食べれますし、出汁として使うことができます。

食べる量が少量でもカルシウムの量はとても豊富なので、効率の良い摂取が可能です。

煮干しで出汁をとる習慣をつけるだけで、手軽にカルシウムを補うことが可能です。

豆類や豆製品

豆類にもカルシウムは多く含まれており、大豆製品なら種類も豊富で飽きが来ません。

豆腐や納豆といった加工品は、他の栄養素も摂れる非常に優秀な豆製品です。

豆乳や味噌も非常に有効で、料理に取り入れればカルシウムを効率よく摂ることができます。

特に優秀なのが高野豆腐や油揚げで、非常に多くのカルシウムを含んでいます。

大豆料理のレパートリーを増やすことで、カルシウムを日々の食事から摂ることが可能です。

大豆以外の豆製品ならば、塩豆がお勧めです。

塩豆とは、青えんどうを塩水に浸けた後に炒めた物です。

保存性もよく、そのまま食べることができます。

豆製品の中でもカルシウムが圧倒的に多く、非常に優秀な食品といえます。

緑色野菜

野菜でカルシウムを摂ることも可能です。

中でも緑黄色野菜には、多くのカルシウムが含まれています。

ケールや水菜といった野菜に多く、これらを摂ることでカルシウム不足を防止できます。

ただ、緑黄色野菜のカルシウム吸収率は、牛乳や小魚と比べるとやや低い傾向にあります。

ですが、他のミネラルやビタミンを多く含んでおり、高い相乗効果を期待できます。

骨の強化に役立つビタミンKも一緒に摂れるので、骨の健康の維持には最適です。

カルシウムはマグネシウムと同時に摂るとよい?

カルシウムは健康に役立つ成分ですが、そればかりを摂ればいいわけではありません。

 

カルシウムを摂っていても、マグネシウムが不足していたらカルシウムは十分な効果を発揮できません。

マグネシウムはカルシウムと一緒に骨や歯の形成をサポートする働きがあります。

カルシウムを摂る時は、これらの食品も意識して摂るようにしてください。

また、大豆製品ならば、カルシウムとマグネシウムを同時に摂ることができます。

中でもにがりで固めた豆腐は、マグネシウムが豊富です。

上手く食事に取り入れて、マグネシウムとカルシウムを同時に摂りましょう。

ただし、カルシウムとマグネシウムを、ただ単に摂ればそれで良いわけではありません。

カルシウムとマグネシウムには、丁度良いとされるバランスがあります。

カルシウムが二の時にマグネシウムが一といった割合が、双方のバランスとして最適とされています。

厳格に守る必要はありませんが、カルシウムとマグネシウムを摂る時は、このマグネシウムはカルシウムと一緒に骨や歯の形成をサポートする働きがあります。割合を意識しましょう。

とわいえ、実際にこの割合で摂るのは難しいと思います。

正しい比率で摂りたいのであれば、サプリメントを利用しましょう。

サプリメントはマグネシウムとカルシウムが正確な比率で配合されているので、バランスよく摂ることができます。

 

人気のカルシウムサプリ

-カルシウムの基礎知識

Copyright© カルシウム サプリ おすすめ , 2018 All Rights Reserved.